メニュー

肝斑

肝斑とは?

肝斑は、両頬に左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れます。シミ(老人性色素斑)と比べて、比較的広い範囲で、輪郭がはっきりしなく、薄茶色であることが多いです。
一般的に30代から40代の女性に多くみられます。原因は、メイクを落とす際の物理的な刺激、肌のバリア機能の低下、女性ホルモンのバランスの崩れなどが言われていますが、現在のところはまだハッキリと断定できるというレベルではありません。

治療法

治療において最も大切なことは、肝斑であるかどうかをしっかり診断/理解することです。なぜなら、一見すると肝斑と似ている老人性色素斑や後天性真皮メラノサイトーシスとでは、治療法や治療経過が異なるからです。シミ治療と聞いて、一般的に思い浮かぶのは、レーザー治療と思いますが、肝斑ではそのレーザーにて悪化してしまうことがあります。当クリニックでは、肝斑に効果的なトレチノイン,ハイドロキノンをお求めやすい価格でご提供し、内服薬も処方いたします。また、ご自身のシミへの理解を深めて頂く手助けとして、顔のシェーマを描かれた用紙に患者さんのシミを事細かに記載してお渡ししています。診察室で説明を聞いても、忘れてしまうことがあります。

 
肝斑でお困りの方は、当クリニックにご相談ください。
心よりお待ちしております。
 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME