メニュー

ご挨拶

大和駅前皮フ科スキンクリニック院長の稲葉基之です。

東海大学医学部を卒業後、昭和大学藤が丘病院初期研修医、昭和大学北部病院放射線科、港南台病院内科を経て、日本医科大学付属病院皮膚科に勤務し、皮膚科だけでなく画像診断,放射線治療,全身管理,在宅訪問診療,海外医療ボランティアを経験し多くの患者様を診療しました。日本医科大学付属病院皮膚科では、IgA血管炎をはじめとする血管炎、尋常性乾癬、皮膚癌、アトピー性皮膚炎、乳児疾患、薬剤による皮膚病、皮膚の細菌感染症、ウイルス感染症、陥入爪、美容皮膚、各種レーザーまで幅広く重症・難治性の皮膚疾患の診療を行って参りました。

勤務した大学病院皮膚科では、多くの患者さんが、他のクリニックで診断に至らず、治らなかったために紹介されて来院されていました。なかには、通院中の医院での診断や行われている治療で問題ないのか不安になり、自ら来院される患者さんもおられました。

大学病院のような大きな病院の強みのひとつは、たくさんの医師が在籍し、それぞれ得意な分野を生かして、多くの医師の間で議論、討論できることにあるのではないかと思います。退職後も定期的に大学に勤務していた時と同様にカンファレンスに参加し、クリニックにいらした患者様の相談もしてゆきたいと考えています。

当クリニックでは、保険診療を中心に皮膚科全般的な疾患を的確に診療し、美容皮膚科にも力を入れていきたいと考えています。徐々に設備を充実させて参りますのでお肌のトラブルや悩みをお持ちの方はご相談下さい。また、近年、日本では、環境の変化などの原因で、アトピーをはじめとするアレルギーの患者様は、増加しています。新生児のスキンケアによるアトピー対策など皮膚アレルギーの最新の知識習得にも努めていく所存です。

地域の患者様の不安を取り除ければと思い、生まれ育ったふるさとである大和市のこの地にクリニックを開設しました。今まで経験した知識,技術を生かし、地域のみなさまから信頼され、安心して利用できるクリニックを目指しております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

院長 稲葉 基之

略歴

2003年 東海大学医学部医学科 卒業
2003年

昭和大学藤が丘病院 初期研修

2005年

昭和大学北部病院 放射線科

2006年 港南台病院 内科
2008年

日本医科大学付属病院 皮膚科 助教

2009年 日本医科大学千葉北総病院 皮膚科 助教
2011年 日本医科大学付属病院 皮膚科 助教
2013年 日本医科大学多摩永山病院 皮膚科 助教
2014年 日本医科大学千葉北総病院 皮膚科 助教
2017年

大和駅前皮フ科スキンクリニック開設 現在にいたる

資格

  • 日本皮膚科学会    学会認定専門医
  • 日本性感染症学会 学会認定医

所属学会

  • 日本皮膚科学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本東洋医学会

  • 日本性感染症学会

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME