メニュー

痛くないイボ治療

症状・原因

イボ(ウイルス性疣贅)は、イボのウイルスが小さな傷から皮膚に入り込んで、皮膚の細胞に感染して生じると考えられています。イボは大人から子供まで誰にでもできますが、子供はケガをしやすく免疫力も低い為、子供の手や足の指に生じやすいです。ウイルスはどこにでも存在している為、素手や素足で公共物や地面への接触することを避けた方がよいですが、ウイルスは非常に小さく、目に見えない小さな傷からも感染するので、完全に感染を予防することは難しいです。放っておくと、ウイルスが徐々に増え、治すのに時間がよりかかるので、イボに気づいたら早めに皮膚科を受診し、治療しましょう。

 

診断

最初は平らで小さいですが、徐々に大きく盛り上がってくくるようなるため、足の裏ではタコや魚の目と間違われることが多くあります。特に子供の魚の目で受診された場合、診察してみると、実はイボであることがほとんどです。ウイルスが感染すると皮膚の表面近くまで血管が拡大し、上からみると小さな赤黒いブツブツが見えます。ダーモスコピーという拡大鏡で観察すると、肉眼では見えない小さな異常をみることができます。ダーモスコピーは、子供でも覗くだけで簡単にイボをみえるので、患者さんやご家族になるべく覗いて頂いています。特に子供は、ダーモスコピーで詳細にみることでイボを認識し、治療を頑張れるようになる心理効果もあります。

 

治療

一般的に、液体窒素というマイナス196度の液体を用いて治療しますが、強い痛みを感じます。水疱が生じるほど液体窒素を強くあてると、数日間も続く痛みを生じますが、その反面、治りが早いです。ただ、子供は痛みに敏感であるため、その痛みがトラウマになり、次から液体窒素を見るだけで泣き出すお子さんもいます。当クリニックでは、痛くないイボ治療として、モノクロロ酢酸を用いています。モノクロロ酢酸は酸性の液体で、イボに浸透させ治療します。モノクロロ酢酸が浸透し過ぎると、強い痛みを感じますが、石鹸で洗い流せば痛みは消えます。液体窒素やモノクロロ酢酸以外にも、角質削り、スピール膏、ヨクイニンなども併用して治療しています。

 

液体窒素の痛みでお困りの方は、当クリニックにご相談ください。心よりお待ちしております。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME