メニュー

金属アレルギー検査(パッチテスト)

 

金属アレルギー

指輪、ネックレス、ピアス、イヤリングなどのアクセサリーや時計で、皮膚がかぶれることがあります。また、歯科金属など体内の金属が微量なら溶解したり、食物に含まれている微量な金属の摂取にて、金属が接していない部位に、痒みを起こす全身型の金属アレルギーも報告されています。金属アレルギーになりやすい素材として有名なのは「ニッケルコバルトパラジウムクロムすず水銀」で、これらは歯科金属として多く使用されています。食物に含まれる金属性アレルゲンは下記に記します。金属アレルギーの検査として、現在のところ、最も信頼性が高い検査はパッチテストです。その他に血液検査もありますが、これは正常人でも陽性になることが多いため、診断に有用とはいえません。

 

 MPT-3

 

MPT-6

 

パッチテストとは?

原因と考えられる物質(かぶれるもの)を貼付して、皮膚の反応を調べる検査です。アレルギーには1~4型があります。そのうち皮膚に関与するアレルギーは主に1型と4型です。1型は即時型アレルギー、4型は遅延型アレルギーと呼ばれます。簡単に言うと、じんま疹は1型アレルギー、接触皮膚炎(かぶれ)は4型アレルギー、アトピー性皮膚炎は1型+4型アレルギーと考えられています。 このうち4型アレルギーの診断に必要な検査がパッチテストです。

 

パッチテストの方法

背中の正常な皮膚に、金属の試薬を付けた試験紙付きのフィルム(パッチテスター)を貼ります。このまま48時間は貼り付けたままにします。 2日目(48時間後)に再診してもらい、パッチテスターを剥がします。テスターの刺激反応が消えるまで30分待ち、結果を判定します。判定は2日目(48時間後),3日目(72時間後)と7日後に判定を行います。判定は反応の強さに応じて5段階で行います。

 MPT-4

 

パッチテスト期間中の注意事項

テスターが貼付されている間は、検査部位を濡らさないようにしてください。濡らすと検査する物質が流れてしまい、判定できなくなります。
テスターを除去した後は濡らしても大丈夫ですが、検査部位をこすらないでください。また、検査した部位がわかるように油性ペンで印を毎日書きます。抗ヒスタミン剤やステロイド剤を内服中は、パッチテストの正確な判定ができませんので、内服している方は申し出てください。そのため、可能なら検査の3日前~終了までは内服を中止する必要があります。ステロイド剤の外用は検査部位以外であれば問題ありません。

 

MPT-2

 

金属アレルギーでお困りの方は、当クリニックにご相談ください。

心よりお待ちしております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME